三階建ての家を建てるなら間取りにこだわろう

トップページ > コラム > 三階建ての家を建てるなら間取りにこだわろう

三階建ての家を建てるなら間取りにこだわろう

三階建ては間取りにこだわる

 

住宅が密集して地価の高い都市部に家を建てようとすると、小さい土地に狭小住宅が一般的になってしまいます。しかし、二階建てには満足できない方もおり、そういう方を中心に人気があるのが三階建ての家です。三階建てに限らず、住宅の良し悪しを決めるのは間取りです。特に三階建ての場合、縦の空間を利用できる分、間取りによって住み心地が大きく違ってきます。そこで、三階建てを建てるとき、間取りのどんなところにこだわると良いのかを紹介します。

まず、間取りを考えるときには、細部を決める前に、部屋や空間を建物内のどこに配置していくかを考えます。それぞれの用途や役割によって場所を決めるのですが、そのときに家事動線も合わせて考えていきます。三階建ては上下階への移動が多いので、部屋や空間の配置は大変重要なポイントになります。部屋や空間の配置は、まずは家族が一番長く過ごす場所から優先的に考えていきます。リビングやダイニングなど家族が長い時間過ごす空間は、条件の良い場所に配置します。近隣に建物が密集している都市部では、一階では通風採光があまり望めないため2階部分に配置することが多くなります。

リビングの配置が決まったら次は水回りを決めます。基本的には、掃除や洗濯などの家事動線を考えて浴室や洗面所などの水回りは一階に配置されることが多くなっています。しかし、キッチンは出来上がった料理をダイニングに出したり、食器類を片付けたりするので、家事動線を考えると二階が最適な配置になります。また、一階にガレージを作ると、買い物してきたものを、楽に二階のキッチンへ運ぶことができます。一階にはガレージの他に収納スペースや玄関を作ることもできます。

そして、三階は最も日当たりや風通しが良いので寝室や子ども部屋などを配置します。リビングを三階に配置する方もいますが、階段の上り下りの導線を考えると高齢者がいる場合などは採用しにくくなります。このように三階建ては間取りの自由度がグッと高くなり、縦の空間を上手に利用することで変化のある魅力的な家を作ることができます。



素敵な三階建ての生活

 

三階建ての家の魅力は、何と言っても狭い土地を有効に活用できることです。床面積を縦に広げ、大きな床面積を作り出しています。住宅は、床面積が広がるほど資産価値が高まりますが、少しでも資産価値を上げておくことで将来のメリットにもなります。また、一階を店舗と事務所、二階と三階を住居としたり、一階を親世帯、二階と三階を子世帯の二世帯住宅にしたりと、各階それぞれ目的を持った使い方ができる魅力もあります。

三階建ては、狭い土地でもガレージ付きの家が建てられますし、床面積とともに壁の面積も増えるので、窓を有効に配置することで眺望が良くなり光も取り入れやすくなります。そして、三階建ては屋根の部分をフラットにして屋上として使うことができ、洗濯物を干すスペースやバルコニーとして食事やお茶を楽しむこともできます。防水処理を施せばちょっとした庭を造るスペースにもなります。

加えて、さまざまな工夫を凝らすことで収納スペースを確保することも可能です。階上タイプの収納は、もしもの時のために防災グッズの備蓄倉庫として使えますし、半地下タイプの収納は、開口部が大きく大人でも楽に出入りできるため、物の出し入れが簡単に行えます。



自由度の高い工務店で建てる

 

自分たちの希望や予算に合わせた家づくりをするためには、業者の選択が大変重要になります。三階建ての注文住宅を建設する際に大切なことは、狭い敷地の中に間取りやデザインなど、さまざまなオリジナルの工夫を凝らして空間を無駄なく利用できる住宅を建てることです。そのためには、規格化された資材を組み立てるハウスメーカーよりも、設計から施工まで注文住宅に対応してくれる地域に密着した工務店が最適です。

その地域の住宅を数多く建ててきた大工さんたちが、磨き上げた技術で1つずつ手間と時間をかけて施工主が希望する家を作ってくれます。また、工務店の場合は間取りやデザインなどの自由度が高く、ハウスメーカーのように広告宣伝費がないため、同じような家でも安く建てることができる場合もあります。さらに、引渡し後の定期点検サービスも住宅メンテナンスには大切なことで、地元の工務店であれば丁寧に迅速に対応してくれます。このように理想の三階建ての家作りには、地域に密着した工務店への依頼がおすすめです。

ただし、工務店によっても注文住宅の価格には差が出ることもあります。下請けを使っているところや自社工場を持っているところなどもあり、そのあたりを確認してコストのかからない工務店を選ぶことです。また、日本は地震の多い国です。特に三階建て住宅は耐震性が大切です。縦に大きくするということは、それだけ重心の位置が高くなり、揺れたときには建物に大きな力がかかります。耐震性にこだわり法律で定められた強度よりもさらに安全な耐震住宅を建てている工務店を選ぶと安心です。実際に耐震性能にこだわっている工務店は、科学的な調査や実験を繰り返しながらより強度のある耐震住宅を建てています。

次の記事へ

MENU