三階建ての間取りのポイントや狭小住宅について

北辰工務店 > 北辰工務店のコラム > 三階建ての間取りのポイントや狭小住宅について

三階建ての間取りのポイントや狭小住宅について


三階建てを建てる時の間取りのポイントについて


三階建てを建てる時の間取りのポイントについて
注文住宅を選択する際に三階建てを検討している方もいるでしょう。
知っておきたいこととしては、縦方向に空間が広がるのが特徴的なので、上下の行き来が多くなることです。
その為、なるべく計画を立てる時には階段の上り下りを少なくすることを考えたり、階層ごとの用途に合わせた間取りや生活動線を考えたりすることが重要です。
では具体的に間取りのポイントについて一階から三階まで紹介します。


まず、一階部分ですが、ここは階段の昇り降りが少ないので、できる限り高齢者が暮らすのに向いている空間です。
例えば二世帯住宅などの場合には親世帯が一階で暮らすことを考えて間取りを考える必要があります。
また、その他にも一階部分は建物の構造上日当たりや風通しが悪くなりがちです。
その為、高齢者と一緒に住まないという場合は住居スペースとしてではなく、倉庫やガレージとして使用する方法も考えられます


続いて二階について説明しますが、二階は基本的に日当たりや風通しが良い部分となるため、間取りは家族が集まるスペースとして計画を立てるといいでしょう。
それぞれの家庭で間取りは異なりますが、中には二階部分は全てリビングにするという家庭も存在しています。
実際にリビングにした方が明るさも確保しやすくなり、明るい雰囲気を作り出すことができます
また、リビング以外にも家族が集まるということも考えてキッチンやダイニングなどのスペースにも最適な空間です。


最後に三階部分について説明をしますが、最上階は最も日当たりや風通しがいい部分になるので、寝室や子供部屋などに利用されることが多いです。
基本的に三階はプライベート空間を作ることが多く、寝室以外にも趣味の部屋や収納スペース等を作るのにも適しています。
また、ロフトなどにも対応できる空間なので、アレンジがしやすいです。
このように、三階建てで家を建てる時には特に間取りはこだわって考えた方がいいです。
ここでは間取りについて説明しましたが、あくまでも例になるので参考程度に頭に入れておくようにしましょう。
どうしても間取りの計画が立てられないという人は専門的知識のある工務店を選ぶことで提案などもしてくれるので安心です。








狭小住宅のメリットについて


狭小住宅のメリットについて
地域によってはあまり見ることがない狭小住宅ですが、特に都内では住宅が密集しているため、他の地域に比べても多い傾向にあります。
そもそも狭小住宅とはどんな家なのか気になる方もいるかと思いますが、その名の通り狭くて小さい土地に建てられた家のことを言います。


詳しく説明すると15坪程度の土地に建てられている住宅と言われていますが、明確な定義はないとされています。
実際に狭くて小さな土地を活用して狭小住宅を建てようと思っている人も多いと思うので、ここでは狭小住宅ならではのメリットについて述べます。


まず1つ目は土地が小さいので土地代が安いというメリットがあります。
基本的に土地は地域によっても価格は異なりますが、同じ地域で価格を抑える方法の一つとしては狭小の土地を選ぶことが大切です。
例えばなるべく土地代を抑えて建物にお金をかけたいという場合には狭小の土地を選ぶと土地代は安く済ませることができます。


また、2つ目は自由設計を選べばコンパクトなデザイン性の家が建てられるメリットもあります。
例えば三階建てで細長くてデザイン性のある家も建てられますし、狭小ならではの凸凹を生かしたデザインで完成させることもできます。
狭小住宅ならではのデザイン性に優れた家を建てられるので魅力的です。
メリットについて述べましたが、ここで説明した中でも費用については、土地代以外にも申請費用や登記費用など土地の面積に応じて変わり、抑えられる可能性があります。
費用面ではメリットが多いので、特に予算重視という場合には狭小住宅を選ぶと満足度も高くなるかもしれません。








狭小住宅で快適な家を手に入れるためには


狭小住宅で快適な家を手に入れるためには
狭小住宅を選ぶならもともと土地が狭くなっているので、快適さを求めた家づくりを考えなければなりません。
具体的にどんな工夫が必要なのかについて紹介します。


まず1つ目は縦の空間を生かすことです。
例えば一階建てや二階建てではなく、さらに広くするために三階建てを選ぶなど縦の空間を活用するとより快適さを増すことができます。
実際に狭小住宅では縦の空間を生かしている家は多いです。


また2つ目の工夫は縦方向の広がりを視覚的に見せることです。
例えば吹き抜けを付けることで天井を高くすることができ、狭さを感じない家づくりを実現することが可能です。
その他にもトップライトや勾配天井など縦方向の広がりを視覚的に見せるとより広々とした空間を手に入れることができます。
このように、家を建てる時にはちょっとした工夫をすることでより快適な空間に近づけることができます
狭小住宅を選ぶなら工夫を忘れないようにすることが大切です。






次の記事へ

MENU