三階建ての魅力や屋上の活用について

トップページ > コラム > 三階建ての魅力や屋上の活用について

三階建ての魅力や屋上の活用について

三階建ての魅力とは何か



一戸建て住宅というと二階建ての家を想像する方も多いのではないでしょうか。確かに一戸建ての中でも二階建てはたくさん建てられていますが、地域によっては三階建ての需要が高いところも存在しています。特に都心部などは地価が高いので需要が高くなっています。これから建てようか検討中の方もいるかと思いますが、具体的に三階建てにはどのような魅力があるのかについてまずは説明します。

1つ目は敷地を最大限に生かすことが可能な点です。地域によっては建ぺい率や容積率など制限があるところもありますが、できる限り高く建てることによって床面積を増やすことができます。特に狭い敷地の場合は、横には伸ばすことができませんが縦には広げることができます。狭い敷地でも広々とした生活をすることが可能になるので魅力的です。

続いて2つ目は階数ごとに使い方を分けることができるのも魅力的です。例えば1階を店舗や事務所として使う場合、2階や3階を住居スペースとして使用するなど、三階建てにすれば仕事のスペースもプライベートのスペースも余裕をもって作ることができます。また、二世帯住宅にも活用することができます。例えば親世帯と子世帯の人数のバランスを考慮して1階を親世帯にしたり、2階と3階を子世帯にしたりという使い方もできます。特に横に広げることができない狭い土地の場合は二世帯住宅は三階建てなどにすると快適に生活ができると言われています。階数ごとに色々な使い方ができるというのは魅力的です。

続いて3つ目は窓を有効活用することが可能な点です。基本的に二階建てよりも三階建ての方が高い位置に部屋をつくることができるので、上手く窓を配置することで眺めなども良くなり、光もしっかりと入れることができます。周辺環境などによって左右されることはありますが、事前にしっかりと調査をして建てれば自分の理想の家を建てることができるでしょう。このようにここでは魅力について説明をしましたが、特に迷っている人は魅力もチェックしながらどんな家を建てるか検討した方がいいです。専門的知識などは業者に問い合わせることで相談に乗ってくれるので聞いた方がいいでしょう。



三階建てで考えたいポイントとは?



これから三階建ての住宅を建てる場合には魅力も存在していますが、失敗しないために考えなければならないことがたくさんあります。これから建てようと思っている人のためにも、ここでは考えなければならないポイントについて紹介します。

まず1つ目は耐震性です。例えば二階建てと比較してみると三階建ての方が縦に細長くなってしまいます。特に狭い土地の場合は細長く伸びてしまいがちです。細長くなることで耐震性は低くなるので、どのような構造にするかは事前にしっかりと話し合わなければなりません。失敗しないためにも事前に耐震性については業者とよく相談して決めた方がいいでしょう。

続いて2つ目にチェックしたいポイントは階段の存在です。基本的に二階建てよりも一か所増えることになるので無駄に感じてしまうことがあります。対策としてはスケルトン階段などを活用してオープンな階段にするといいと言われています。視覚的に無駄と感じないような作りにすることが大切なのでこういった時にスケルトンの階段は役立ちます。実際に活用している家もたくさんあります。

続いて3つ目に考えたいことは収納についてです。特に狭い土地の場合は倉庫などを建てることができない家庭もありますし、ガレージなども存在しないところも多いです。実際に収納の問題で悩んでいる人たちはたくさんいます。収納がないと家がごちゃごちゃになったりとあまり良くないので、バランスよく収納についても考えた方がいいでしょう。このように、ここでは建てる時に考えたいポイントについて紹介をしましたが、具体的に考えることで理想の家を手に入れることができます。後悔したくないという人は説明した内容を参考に家づくり計画を立てるといいでしょう。



屋上の活用について



三階建ての家を建てる時にはできる限り楽しい生活を送りたいと考えている方は多いものです。楽しい生活を送るためにはデザインや広さなども重要になりますが、他にも大切なこととしては屋上です。屋上は特に三階建ての住宅に活用した方がいいと言われていますが、その理由はどのようなことが挙げられるのでしょうか。

まず、計画をする時に問題として上がるのが狭い土地で敷地の広さが足りないことです。敷地の広さが足りないと例えば庭のスペースが十分に取ることができない問題が発生したりします。そこで魅力的になるのが屋上の活用です。屋上を上手く活用することで屋上バルコニーとして使うことができますし、収納などができる倉庫なども設置することができます。

屋上のスペースがあれば様々なことに活用することができるので、余裕がある場合は屋上の活用について考えた方がいいでしょう。

次の記事へ

MENU