三階建て住宅への建て替えを検討する場合には

トップページ > コラム > 三階建て住宅への建て替えを検討する場合には

三階建て住宅への建て替えを検討する場合には

住まいの建て替えを検討している人にとってのお役立ち情報



都市部など、地価の高いエリアでマイホームを建て替えする場合、どうしても狭小地を使用することになりがちです。そのような場合、建物を横に広げることが難しい分だけ、縦に長くするという選択肢も検討することになるでしょう。そうした手段の一つに、二階建て・三階建ての内、どちらを選択するのかという問題もあります。

床面積という条件だけで比較すると、二階建てよりも三階建ての方が有利になることは言うまでもありません。とは言うものの、建物が大きくなれば、メリットの他にデメリットも生じてくることとなります。二階建てと三階建てには、それぞれに一長一短があるため、それらの相違点を理解した上で、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に照らし合わせ、間違いのない選択をしたいところです。

それらの内、三階建ての住宅には、敷地面積を有効活用することができるというメリットがあります。二階建てと比較して、1フロア分大きくすることができるため、それだけ住まいの活用範囲も広がることとなります。ただし、三階建ての住宅を建築するにあたっては、法律的な問題によって制約を受ける場合もあるため、あらかじめチェックしておく必要があります。早めのタイミングで建築士などに相談を依頼し、必要な情報を収集してきちんとスケジュールを作成しておけば、住まいづくりを有利な条件で進めてゆくことができるでしょう。



二階建て・三階建ての内、どちらを選択するかという問題



二階建てと比べると、三階建てに建て替えする場合、床面積だけではなく、壁の面積も広くすることが可能になります。このメリットを活かせば、多くの窓を取り付け、日当たりや採光を良くすることができます。そのような場合、寒いシーズンに暖かく過ごすことができ、暖房の稼働効率が良くなる分だけ、光熱費の負担が軽くて済むというアドバンテージも存在します。しかし、日照や採光の条件は、周辺の環境によっても影響を受けることになるため、前もって調査を行った上で設計段階に入る必要があります。例えば、日が当たりよすぎる環境の中では、日照を受ける壁の面積が広い分だけ、建物内の温度も上昇し、冷房効率が悪くなるなどのデメリットが生じてくる可能性もあるため、注意する必要があります。

次に、三階建て住宅への建て替えを検討するにあたっては、建て替え後に生じてくるデメリットにも気を配ることが大切です。例えば、2階の部分に、3階へと上がる階段などを設置しなければならないという問題があります。階段の位置などによって、生活する上での快適性・利便性に違いが生じてくるため、事前に検討しておくと良いでしょう。階段などの存在によって、居住スペースに閉塞感が生じるリスクを軽減し、開放感を出すためには、スケルトンの仕様にするなどの選択肢もあります。

また、当面は問題がなくても、将来的にデメリットが生じてくる場合もあるため、気をつける必要があります。例えば、建て替えに際して階段を設置したものの、年齢を重ねるにつれて、階段の昇り降りをするのが重い負担になってくる可能性も存在します。このような問題を解決するためには、エレベーターを後から設置することができる仕様となっているか、もしくは初めから設置しておくのかをあらかじめ確認しておくことが大切です。



住宅の資産価値や耐震性、施工業者の選び方について



住まいの建て替えに際して、二階建て・三階建ての内、どちらを選択するかという問題について考える場合、マイホームの資産価値にも気を配ることがポイントになります。例えば、子どもがいる世帯では、三階建てへの建て替えを行ったものの、将来的に子どもが独立して出て行った場合、居住スペースに空きが出たために売却することになる可能性もあります。そのような場合、二階建てよりも三階建ての方が資産価値は高いため、周辺の環境などによる影響もあるものの、多くの金銭的メリットの得られることが想定されます。

次に、住まいを建て替えるにあたっては耐震性もチェックしておく必要があります。二階建てと比較して、三階建ての場合、重心の位置が高く、建物が長細くなることによって、地面の震動によって掛かる負担が重くなり、耐震性が下がることとなります。三階建ての住宅を建築するにあたっては、そのような事情を踏まえた上で構造計算を行うことが義務付けられています。そういった問題をクリアするためには、当然のことながら信頼の置ける業者に施工を依頼することがポイントになります。

住宅の施工を手掛ける業者の中でも、信頼性の高いところを選び出して利用することは、マイホームの建て替えに際して生じるさまざまな疑問・不安を解消するために役立つでしょう。住まいの建て替えを検討する場合、そのあたりの事情を踏まえ、施工業者の選び方にも気を配ることが大切です。

次の記事へ

MENU