今人気の建築「平屋住宅」の魅力はどんなところにある?

トップページ > コラム > 今人気の建築「平屋住宅」の魅力はどんなところにある?

今人気の建築「平屋住宅」の魅力はどんなところにある?

平屋住宅が今、注目されている


一般住宅というと日本の場合2階建て住宅が多いのです。狭い敷地の日本で住宅建築を考えるとき、部屋数を多くしたいとなればどうしても2階建てにするしかなかったのですが、ある程度敷地を保有できる方は平屋にすることもあるでしょう。地方、田舎の方に行くと都市部のように土地が高くないことから、広い土地面積を持ったご家庭も多いのではないでしょうか。奥に広くなっている住宅もありますし、平屋でも新しい住宅は背が高く作られているので気持ちがいい造りになっています。広々したイメージで開放感があり、確かに見た感じでも家が大きくて魅力ある住宅という感じがします。最近また平屋が人気となってきているようですが、こうした広々した感覚があるということのほかに、どのようなことに魅力を感じて平屋を選択されているのでしょうか。
平屋というのは、1階部分のみの住宅のことで多くの方は日当たり、土地の大きさなどを考えて2階建てを選択することが多いです。確かに平屋にしたいという場合には、どうしても土地の大きさが必要となりますし、周囲に住宅があればその住宅よりも背が低くなると日当たりの問題も出てきます。
日が当たらないと夏場はいいかもしれませんが、冬は寒くてまた湿気が付きやすいので外壁などにカビが付きやすいということもあります。住宅を建設するに当たり、日当たりというのはかなり大きな問題なのです。日当たりや土地の面積などを考えると、やはり2階建ての方がメリットがあるのですが、平屋の人気が高まっているということには理由があるので、ここで紹介します。

ワンフロア構造が魅力的な平屋住宅


平屋の住宅が人気の理由、そのメリットとしてまず言えることが、2階建ての住宅のように上に上がるなどがないワンフロアの構造を持っているので、移動が楽ということがあります。現代は高齢化が加速しており、自宅に高齢の方がいるという場合、2階の部屋にお住まいなら、手すり、階段昇降機などの設置など様々なことを考えなければなりません。
平屋の場合、ワンフロアなので移動も楽ですし、今の平屋住宅というのはワンフロアでフルフラット、段差のないバリアフリーの住宅がかなり多くなっているので、介護が必要な方がいるという場合も、リフォームなどの必要がなく安全に暮らすことができるというメリットがあります。
勿論古い平屋住宅は土間があったり、段差がある、また部屋ごとに仕切りがありそれに躓きやすいということもいえますが、このくらいのリフォームならそれほど大きな費用が掛かりませんし、2階がないので介護が必要になってから部屋を1階に移すなどの必要もなく安心です。階段がないので家が上下に分断されることがなく、家の中の生活動線が短くすみます。移動が楽な上に広さ、奥行きを感じるということもあるので、開放感がいっぱいの住宅ということも平屋のいいところとなります。
また地震が多い日本の場合、2階建て、3階建てと階数が多くなるほど揺れがきく怖さを感じます。でも平屋の場合、構造的に地震などにも強いということもメリットです。住宅の構造的な面を見ても、生活動線を見ても、かなり良い環境で暮らすことができる平屋住宅が人気となっているのもわかります。反対にデメリットもあるので、理解した上でしっかり考えていくようにしましょう。

人気の平屋住宅のデメリットも理解しておこう


平屋もデメリットになる事、やはりそれは日当たりだと思います。土地が狭いという場合には、平屋ではなく2階建てにすることで部屋数なども確保できます。そのため、土地が狭いという場合には、基本的に2階建て住宅にすると思いますが、土地が広いという場合には、平屋という選択肢も出てきます。周囲に2階建ての家が多いという場合には、平屋の家には太陽の光が届きにくい状況が多くなり、湿気が貯まりやすいとか、洗濯物が乾かないとか、壁にカビが付きやすいなど、様々なデメリットがあります。
特に都市部で平屋を建ててしまうと日当たりが最悪になってしまうというデメリットがあります。都市部で平屋を建てる場合には、周囲から見下ろされる形になってしまうことが多いので、家の中がなるべく見えないような作りにするということも求められます。こうした設計上の事を考えると、やはり都市部では周囲に住宅などがある場合、平屋を建てるということに躊躇する事が多くなるのです。
しかし、住宅地でも日当たりを考慮した方向に家が並んでいるという場合なら日当たりがよくできる場所もあるので、平屋を建てたいという希望がある方はこうした分譲地の向き、方向を考えて土地を探すといいでしょう。
家の中が近所から丸見えになってしまわないように、視線をうまくコントロールできる設計なら、平屋住宅でも周囲の視線を気にせず暮らすことができるので、平屋の建設実績の高い工務店や建設会社などを選択することで、希望通りの住宅建築も夢ではないと言えるでしょう。田舎で広い土地があり、日当たりも抜群というところなら理想的な平屋住宅を建設することも十分可能です。

次の記事へ

MENU