住宅の購入や住宅ストック循環支援事業の補助金の対象について

北辰工務店 > 北辰工務店のコラム > 住宅の購入や住宅ストック循環支援事業の補助金の対象について

住宅の購入や住宅ストック循環支援事業の補助金の対象について

住宅ストック循環支援事業補助金の対象について


近年では住宅を購入しやすくするために色々な制度が登場していますが、その中でも今年注目をされているのが住宅ストック循環支援事業補助金です。この制度は実際に何なのか簡単に説明すると住宅の補助金を受けられるという制度です。しかし、誰しもが受けられるというわけではありません。まずは補助を受けられるかチェックする必要があるので、ここでは対象者がどういう人なのかについて紹介します。
まず1つ目に対象となるのが、住んでいる家のリフォームを考える方です。しかし、その中にも条件があり、断熱工事かエコ設備を3種類以上設置をすることになります。これらの工事内容が対象となるので、当てはまらない場合は受けられません。逆に当てはまる場合は補助金を受けられるので、見逃してしまうと損をしてしまいます。対象者である場合は早めの申請をすることが重要です。
続いて2つ目の対象者は、中古の家を購入してリフォームをする場合です。これは工事内容にも条件がありますが、購入対象となる中古物件にも制限があります。どんな制限かというと、インスペクションが実施され、既存住宅売買瑕疵保険が付保されるものが条件です。これはもっとわかりやすく説明すると欠陥物件ではなく、保険などを付けることが可能で品質保証ができるものになります。また、年齢にも条件があり、基本的に購入者が40歳未満となっています。
その他にも3つ目の対象者は新築を購入する場合です。住宅ストック循環支援事業補助金は新しく家を購入したいという人でも対象となるので、チェックしておくことが重要です。しかし、これにも条件があり、解体して建て替えることが条件になります。つまり一つの物件が新しくなるなら対象ということになります。このように、大まかに説明をしましたが、大きく分けると対象となる人は3つのパターンが存在しています。事前にチェックして当てはまる場合は無事に補助金を受けられるので、これから家の購入やリフォームを考えている人はまずは対象者かどうかを見ておくことが重要です。

新築の家を建てるメリットについて


家を購入する時には中古や新築と大きく分けると2つの方法がありますが、その中でも新築を選びたいと思っている方は少なくありません。なぜ新築を選ぶのかですが、それは新築ならではのメリットがいくつもあるからです。その中でもここでは一例の紹介になりますが、新築のメリットについて説明します。
まず中古よりも維持費が安くなる可能性が高いというメリットがあります。基本的に中古の場合は断熱性が衰えていたり、設備の劣化などがあったりしてリフォームをしなければならない可能性があります。故障などが続くと維持費も高くなるので、選び方も重要になりますが、新築は細かいことまで考えなくても、断熱性は最新の技術で優れていますし、設備に関しても従来よりも優れたものを購入でき、中にはエコに貢献してくれるものもあるので維持費はその分安くすることができます。また、税制上の優遇を受けやすいのも魅力的です。近年では住宅ストック循環支援事業補助金の制度も増え、中古の物件も補助金などを受けやすくなっていますが、税制上の優遇はいまだに中古に比べ新築の方が多いと言われています。例えば登録免許税の軽減などがあったり、固定資産税を一定期間免除できたりするなど様々な優遇があるので魅力的です。
その他にも保証期間の長さが利点としてあげられます。基本的に法律上新築物件は10年間の保証期間が義務付けられています。万が一10年間で何かトラブルが発生した場合には対応してくれるので、安心です。しかし、中古の場合はそれ以下の保証内容となってしまうことがほとんどなので、安心するためにも保証期間の長い方を選びたいという方は新築を選ぶといいでしょう。このように、新築には他にはないメリットがいくつかあるので、どちらか迷っている人はどちらが得なのかなども比較しながら決めると後悔することも少なくなります。

満足のできる新築を建てるためには


新築を建てる場合には一生に一度の大きな買い物になる可能性も高いので、満足できるマイホームを建てたいと思っている方が多いでしょう。その為にはどこの工務店に頼むかも大切なポイントです。
実際に選ぶときに大切な条件はいくつかありますが、重要なポイントとしては地域密着型かどうかです。建てたい地域について詳しく知っている工務店などならその地域のメリットやデメリットなどを教えてくれますし、どんな土地を選んだらいいのかまでも教えてくれます。まずはどこに家を建てるかが重要なので、選ぶときは地域密着型かどうかを見ておくといいでしょう。
また、展示場への参加が可能かもチェックしましょう。展示場に参加することができれば設備やどんな間取りがいいかなど計画が立てやすいです。まずは実物を見てみることが重要なので、理想の家を求めるなら展示場へ参加することができる工務店を選ぶといいでしょう。

次の記事へ

MENU