地域密着型のサービスを手掛ける工務店に関する情報

北辰工務店 > 北辰工務店のコラム > 地域密着型のサービスを手掛ける工務店に関する情報

地域密着型のサービスを手掛ける工務店に関する情報

これから住まいの建築工事を依頼したいと考えている方へ


建築家が設計した住宅も、数多くのハウスメーカーが取り扱う住宅も、工務店が施工することとなります。工務店は、住宅の建築工事に必要となる材料や職人を手配し、工事が完了するまで現場の統率を行ないます。一口に工務店と言っても、施工する住宅の規模や間取り、材料などはさまざまに異なります。例えば、統一感のある間取りや材料で複数の分譲住宅を建築しているところもあります。そのような場合、同じ材料を大量に仕入れて効率的な作業を行なうことで、コストや時間、エネルギーの無駄を省くことができるというメリットがあります。
その一方で、地域密着型のサービスを提供している工務店も存在します。こちらは、設計から施工、工事が完了した後のメンテナンスに至るまで、手厚いフォローを行なってくれるのが魅力的です。住まいの中でも、注文住宅を建てるにあたって、自分の理想とするイメージをしっかりと実現してくれる会社を探している方には、おすすめの工務店と言えるでしょう。長い期間にわたって同じ地域で作業を行なっている職人は、現場で積み重ねてきた経験によって、耐久性に優れ、メンテナンスもしやすい家を建てる方法などを熟知しています。このように、職人が身体で覚えた熟練のスキルを活用して、信頼のおけるサービスを提供してくれる点がメリットとなっています。
また、地域性の高いサービスを提供している工務店には、比較的小規模のところが多く見受けられます。規模が小さく少数の家を一つずつ建てている会社は、小回りが利きやすいというアドバンテージもあります。そうしたメリットを活かすことで、一人ひとりの顧客に対するフレキシブルな対応を期待することができます。

地域性の高いサービスを提供している工務店について


工務店の中でも、地域密着型のサービスを提供しているところは、値引き交渉の相談も比較的気軽に行なうことができます。そのような工務店の職人は、長い間地元の現場で作業しているため、ローコストで家を建てる方法もよく知っています。また、費用を節約するために壁塗りは自分たちで行ないたいなど、部分的な施主工事の依頼にも快く応じてくれることが多いです。
多数の住宅を建築する大規模な会社では、作業が下請けの業者に任されることもありますが、地域密着型の工務店であれば、全ての工程を自社で行なってくれる可能性が高いので、あちこちに打ち合わせに行ったりという手間を省くことができます。そのため、工事期間中は終始一貫したサービスの提供が期待され、工事が完了した後も、かかりつけのお医者さんが近くにいてくれるような安心感を得ることができます。
これから地域密着型の工務店に作業を依頼するにあたっては、大まかな手続きの流れをあらかじめ理解しておくと良いでしょう。そのような場面では、まず、各業者がこれまでに手掛けた建物やモデルハウスを見学し、候補となる会社を絞りこんでいきましょう。次に、自分たちのライフスタイルや理想とする住まいのイメージを具体的に整理し、複数の工務店を比較検討した上で、最終的に契約する一社を決定します。そのようにして選んだ会社と、仮契約や設計契約を結ぶことになります。

地域密着型工務店を利用する大まかな流れなどの情報


地域密着型の工務店を利用するにあたって、仮契約や設計契約を取り交わした後は、設計内容を決定するステップへと進みます。工事に取り掛かってから設計内容を変更することは難しいので、見落としや間違いがないよう、しっかりとチェックしておくことが大切です。次に、担当者と綿密に打ち合わせをして、図面や見積もり金額を確認し、問題がなければ工事請負契約を結ぶこととなります。工事の進捗状況については、自分で現場に足を運んで確認するほか、第三者機関に検査を依頼するという方法もあります。
そして、建築工事が完了したら、物件の引き渡しを受ける前に手直しが必要なところはないか、残工事がないか、保証書や説明書のやり取りなどについてしっかりと確認しておきましょう。また、これから地域密着型の工務店に作業を依頼する場合、利用する会社の選び方にも配慮することが大切です。例えば、会社の運営方針や理念が明確になっている会社を選ぶことも大事になります。工務店にもさまざまなところがあるので、それぞれの会社の特徴を具体的に把握することで、自分の適性やニーズ、希望条件にマッチした会社を選ぶことが可能になります。
また、長きにわたって地域に根を下ろしたサービスは安心感が高いものですが、だからと言って、旧態依然のサービスに固執しているだけでは進歩がありません。工務店の中でも、古くから受け継がれてきたものを大切にしつつも、常に新しい情報をキャッチするためのアンテナを張り巡らせ、意欲的に学ぶ姿勢を持っているところは利用価値が高いです。

次の記事へ

MENU