新築一戸建てのポイントや予算について

北辰工務店 > 北辰工務店のコラム > 新築一戸建てのポイントや予算について

新築一戸建てのポイントや予算について

新築一戸建てで失敗しないためにチェックしたいこと


これから新築一戸建ての購入について考えている方も多いでしょう。実際に一から決めるとなると確認したいことが山ほどあり、中にはやっぱりこうしておけばよかったと後悔をしてしまう人もいます。失敗しないためには何をすればいいのかということですが、一番大切なのが情報収集などの準備です。早くマイホームが欲しいと焦ってしまうと失敗をしてしまう可能性も高くなります。なるべく施工期間を短くしたいという気持ちはわかりますが、まずはしっかりと準備をしてから依頼を検討するといいでしょう。その中でも後悔をしがちな見落としやすいポイントとは何かについてここでは紹介します。
まず1つ目は収納です。これから新築一戸建てを建てると決定した場合、多くの方が外観や内装などデザイン面や広さを重視して考える人が多いです。確かに重要なポイントになりますが、住んでからのことも考えなければなりません。例えばデザイン面は満足しているけど、住んでみたら収納スペースが少なかったとか、逆に収納スペースが広すぎて部屋が狭いなど後悔することもあるので、具体的に入れるものを考えながら計画を立てるといいでしょう。
続いて2つ目によくある失敗は設備について何も考えずに安さを追求し過ぎたことです。確かに新築一戸建てを注文住宅で建てれば一から計画を立てることができるので、設備や資材などあらゆることにこだわれます。その為、設備や資材は全て安価なものを選べば安く家を建てることができます。しかし、安さにだけこだわってしまうと例えばトイレが使いにくいとか、床の劣化が早いなど後悔する可能性もあります。全ての設備や資材を価格で決めるのではなく、どこにこだわってどこにあまり費用をかけないかをチェックしながら決めることが失敗しないためには重要です。このように、意外と見落としがちなポイントはいくつかあり、後悔をしてしまう方はたくさんいます。家づくりはどれだけ安くしても大きな買い物になるので、しっかりと計画をし、細かな部分まで考えて決めることが重要です。

新築一戸建てのメリットとは?


新築で家を購入する時には、一戸建てかマンションかなど悩むポイントはさまざまです。特にマンションか一戸建てかはマンションの普及も増えているので迷う部分ですが、それでも一戸建てを選択する人は多いと言われています。なぜ、新築一戸建ては選ばれるのかについてここでは紹介します。
まず1つ目は敷地内のスペースは全て活用することが可能だからです。例えばマンションの場合、共用スペースというのがあるので、基本的に共用スペースでは自分の好きなように使うことができません。しかし、一戸建てなら例えば庭をつくることができたり、スペースがあれば駐車場を増やしたりなど自由に活用することができます。誰の許可も得る必要がないですし、より理想的な環境をつくることができます。
続いて2つ目は増築や建て替えを行うことも可能だという点です。基本的にマンションは集合住宅になるので建て替えを行うことはできません。また、増築も基本的には出来ないところが多いです。しかし、一戸建てなら特定の条件を除き建て替えをすることができますし、増築も決められた範囲内で行うことができます。家を大きくしたり、コンパクトにしたりなど自由自在なので魅力的です。
また、3つ目は騒音のトラブルも比較的少ないというメリットがあります。マンションなどの集合住宅では隣との距離が比較的近く、繋がっていることもあるので、騒音のトラブルが発生することもあります。しかし、一戸建ては隣家と距離があればあるほど騒音面で神経質になる心配はありません。基本的に隣家と繋がっていることがないのでマンションよりは騒音のトラブルも少ないです。このように、魅力的な部分は多いので、新築一戸建てを選ぶ人は近年でも多いです。

新築一戸建ての予算について


新築一戸建てを検討している方は予算についても考える方が多いでしょう。実際に予算は重要な部分と言われていますが、特に抑えたいと思っている人はどのようなポイントを重視して考えればいいのでしょうか。
まず、予算を抑えたいと思っているときに考えたいポイントとしては、なるべくコンパクトな家の設計にすることです。例えば凸凹した技術が必要な形よりは、四角形のシンプルな建て方のほうが費用はかからないと言われています。予算をできる限り抑えたいなら計画をする時にシンプルさを重視するといいでしょう。
また、間取りを考える時はできる限り部屋数を少なくするのもポイントです。基本的に部屋数は多ければ多いほど費用が必要になります。余分な部屋を作らないということも家づくりで失敗しないためには重要なポイントになるので、部屋数についてはどこの部屋を誰が使うのか計画を立てて考えるといいでしょう。このように、予算をできる限り抑えたい時にはいくつか考えたいことがあるので、気になる方は参考にしてみるといいでしょう。

次の記事へ

MENU