木を素材とする住まいである木造住宅に関するコンテンツ

トップページ > コラム > 木を素材とする住まいである木造住宅に関するコンテンツ

木を素材とする住まいである木造住宅に関するコンテンツ

家を選定しようと考えている方のために


住まいを選ぶにあたっては、素材に関する理解も深めておくと良いでしょう。例えば、木造住宅に使用される素材には、ヒノキなどがあります。木造住宅は、わが国に存在する住宅の内、半数以上を占めています。
日本の住宅に見られる主要な構造や工法としては、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造を挙げることができます。これから住まいを選定するにあたっては、それぞれの住宅構造のメリット・デメリットを理解し、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に照らし合わせた上で、間違いのない判断をしたいところです。
木造住宅は、構造体に木材を使用しているという特徴があります。構造体とは、土台や壁、柱など、建築物の自重や積載荷重、風圧、水圧などを支えるために設置されているもののことです。木造住宅には、建築にかかるコストが安上がりであるほか、新築やリフォームをする際、設計の自由度が高くなること、精神的に癒やされることなどのメリットがあります。その一方で、木の家のデメリットとしては、耐久性が低いことや、鉄筋コンクリート造と比較して火災に弱いこと、品質にばらつきが生じやすいこと、害虫や気象災害による劣化が激しいことなどが挙げられます。
先ほども述べたように、木造は設計の自由度が高いために、家族一人ひとりの意見を取り入れ、自由なスタイルで住まいづくりを楽しみたいという人に適している工法と言えます。また、ナチュラルな素材であるため、人間の身体に与える負担も軽くて済むというアドバンテージがあります。もちろん、単に値段がリーズナブルな家を探しているという方にも、木造住宅をおすすめします。

木造住宅にはどのようなメリットがある?


構造体に木材を使用する木造住宅は、建築費用が安価で済むという魅力があります。使用する木材による違いはありますが、鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比較して、材料を調達するための費用が安上がりになります。また、構造体の素材が軽量であるため、基礎工事にかかるエネルギーや時間の負担も軽くて済み、その分だけコストも低く抑えることが可能になります。そして、鉄骨造の場合、あらかじめ柱に耐火・防錆処理を施すことが必要となりますが、木造の場合には、内装の下地材や木材自体の厚みを調整することで耐火性能を持たせるために、処理を行なう必要がありません。その他に、木材は、それ自体が熱伝導率の低い素材であるために、断熱性を向上するための工事も、簡単に行なうことができます。
次に、木造住宅のメリットの一つとして、間取りやデザインを考える上での自由度が高いという点が挙げられます。木造住宅は、基礎と土台、柱と梁によって強度を保ち、屋根を支える構造となっています。これらの構造体さえしっかりと設計すれば、それ以外の間取り・デザインには制約が少なく、融通が利きます。このようなメリットは、新築の時のみならず、リフォームや増築の時にも得ることができます。
そのようにして、リフォームや増築に際して、設計の自由度が高くなれば、家族構成やライフスタイルの変化にもフレキシブルに対応することが可能となります。住まいは、長い期間にわたって使用するものなので、こういった点にも気を配りたいところです。

木の家に住むことを検討する上でのチェックポイント


住宅構造の中でも、構造体に木材を使用する木造住宅は、取り扱う工務店や建築会社、ハウスメーカーが数多く存在します。そのため、住まいを選ぶ消費者の立場からすれば、選択肢が多いというメリットがあります。具体的には、ナチュラル素材を使用した住宅や、光熱費の負担が掛からない住宅、破格の低コスト住宅などの建築を手掛ける業者が存在します。
次に、自然からの贈り物である木材を素材とする住宅には、住む人の気持ちを落ち着かせ、癒やしの効果を与えるという魅力もあります。人生の中で、多くの時間を過ごす住まいとしては、リラックスした時間を過ごすことができるところを選びたいところです。
続いて、木材住宅は、建物内の湿度を調整する効果があるのも魅力的です。例えば、室内が乾燥している時には、木材が、蓄えていた水分を空気中に放出してくれます。また、湿気が多い環境の中では、空気中の水分を木材が吸収してくれるので、結露やカビの発生するリスクも低く抑えることが可能になります。
木造住宅には、これまで紹介してきたようなメリットがありますが、当然ながらデメリットも存在します。とは言うものの、木造住宅のデメリットは、どれも、適切な対策を講じることによって解消することができるという共通点があります。例えば、木造は、鉄筋コンクリート造や鉄骨造と比較すると、耐久性の面でディスアドバンテージがあります。しかしながら、定期的なメンテナンスを行ない、住み方に気を配ることで、耐久性を高め、長い期間にわたって住み続けることが可能です。

次の記事へ

MENU