注文住宅の坪単価とは?その意味をしっかり理解して購入を!

北辰工務店 > 北辰工務店のコラム > 注文住宅の坪単価とは?その意味をしっかり理解して購入を!

注文住宅の坪単価とは?その意味をしっかり理解して購入を!


注文にするか建売にするか?


注文にするか建売にするか?
建売住宅にするか注文住宅にするか、これから家を購入することを検討されている方にとって、この問題は購入する金額を左右する大きなこととして悩むことではないでしょうか。
一般的に、建売の方が注文と比較して安くなると言われていますが、実は絶対にそうとは言い切れないのです。
建売の場合、多くはすでに建築済みでその住宅を見て決める、もしくはモデルがありその仕様に従って作るということになります。
利用される設備についてや部材についても決められていて、大量に利用する部材などを購入するため、建築費用が低くなると言われています。


注文の場合には、自分たちが理想とする間取り、また利用する設備や壁材、床材、屋根の素材などを自分たちで決めることができます。
ただ、設計料もかかりますし、利用する部材がいいものなら当然その分費用がかかります。
こだわればこだわるほど材料代がかさみ、そのため注文住宅の方が高くなると言われています。
しかし、注文の場合は予算よりはみ出るということになれば、例えば壁材をワンランク下のものにする、利用したいと思っていた照明器具を別のものにする、無垢を利用しようと思っていた床材を別の素材にするなど、予定費用に合わせてコストダウンさせることができるという利点もあります。


こうしたことを行うことで、建売よりも注文の方が安く済んだという例もあるので、一概に注文の方が高くなるということはないのです。
一世一代のお買い物として購入する住宅ですから、納得のいく購入になる様に建売か注文かしっかりと考える必要があるでしょう。
注文にするという場合、どの位の予算があるのかを設計者、建築会社に対して告げておく必要があります。
また、注文住宅にかかる費用については坪単価から算定することも多いのですが、坪単価とはどういうことなのかも知っておくべきでしょう。








広告されている坪の単価を鵜呑みにしてはいけない


広告されている坪の単価を鵜呑みにしてはいけない
坪単価というのは、1坪あたりどのくらいの建築費用がかかるのかを表しています。
本体価格を延床面積で割った数値ということになります。
延床面積は建物の1階、2階などの各階、床面積を合計したものです。
玄関ポーチなどは床面積に含まれていません。
例えば、40坪の延床面積の家を建築した場合、本体が2,000万という場合にはそれを坪の40で割って坪の単価を出していきます。


こうして単純に計算できる金額を、注文住宅の費用として考える方も少なくないのですが、建築会社などの広告に掲載されている坪の単価については、業者が延床面積を決めて、間取りや設備、その他建築に必要な材料などを計算しているもので、実際にご家族が理想とする建築材料や設備、間取りなどにした場合に同じになるかどうかは分かりかねます。
住宅メーカーや建築業者によって計算する基準にも違いがありますし、地域によっても違いがあります。
住宅建築に使用する設備、部材などによっても坪単価が変わりますし、家の形によっても延床面積で計算する坪単価の場合、違ってくることが多いのです。


住宅メーカーや建築業者の坪単価の計算については、延床面積で計算する場合と、施工床面積で計算する場合など違いがあるので、一概に表示されている坪の単価で計算して出された金額と実際に住宅を建築した際の金額は違うことになるのです。
この通りの金額でできると鵜呑みにして建築すれば、最終的に金額が大幅に予算オーバーという状態になる事も少なくないので、これだけで費用を考慮するのではなく、他の事もしっかり考えて費用を考えるべきです。








建築工事総額を出してみないと費用はわからない


建築工事総額を出してみないと費用はわからない
坪単価については地域によっても大きく違います。
例えば地方と東京の相場を比較すると大きな差がある場合もあります
単価が最も低い都道府県と比較すると、数十万近くの違いがあります。
これを計算すれば注文住宅の費用が大幅に違ってきますので、簡単にこれだけをみて費用を予測するということはちょっと怖さがあります。


また、延べ床面積が小さくなるとより一層坪単価が高くなるということを理解しておかなければなりません。
なぜ延べ床面積が小さいと単価が高くなるのかというと、延べ床面積が小さくなっても設備機器や資材などの運搬費や養生、また仮設の費用や人件費というのは減る事はなく同じだからです。
広告での延床が50坪で、建設する家の延床が30坪で同じ設備や間取りで作った場合、費用が低くなるということはなく、坪の単価については上がるということになります。


ハウスメーカーなどの場合、使用できる設備などがある程度決まっていて、そこにレベルが上の設備を設置したいと希望した場合、もちろん単価は上がります。
この設備は絶対にこれがいいという思いがあるようなら、その他の設備のレベルをダウンさせるようにバランスを取り、単価が上がって予算オーバーとならない様に注意すべきです。
さらに、家の形状が複雑な住宅の場合、柱や壁の数などが多くなりますし必然的に面積も増えます。
そうなると基礎工事についても複雑になりますので、工事費用や材料費などもアップし、イコール坪単価も高くなります。


建築については坪の単価が関係してくる部分以外に、建物本体以外の部分に工事費用が掛かります。
例えば地盤改良工事が必要という所もありますし、ガス水道電気の引込工事等も必要となります。
こうした付帯工事の費用を含み、最終的に注文住宅を建築する総額を出しておくことが必要です。






次の記事へ

MENU