狭小でも三階建てにすれば十分な暮らしのスペースがとれる

トップページ > コラム > 狭小でも三階建てにすれば十分な暮らしのスペースがとれる

狭小でも三階建てにすれば十分な暮らしのスペースがとれる

土地が狭くても変形でも工夫次第で快適な我が家にできる


日本は国土面積が狭い、これは広く認識されていることでしょう。日本に暮らしているとその狭さなどが実感できませんが、海外旅行に行けば雄大な景色にびっくりするものですし、住宅の作りなども全く違い驚くことが多くなります。海外では国土面積がかなり広いため、2階、3階と上に伸ばしていくよりも、広い土地を購入してそこに平屋を建てればいいと考えることが中心です。
しかし、国土の狭い日本ではそれほど大きな土地を保有することはなかなか難しく、広い庭がありゆったりとした平屋がある住宅は少ない状態です。土地が都市部よりも安い田舎で、ある程度敷地を保有している方は、こうした贅沢な作りの一戸建ても可能かもしれませんが、都市部で同じ土地面積を持つとなるとかなりの金額がかかります。住宅を建設する土地の面積は狭い、でも家族が納得のいく部屋があり、狭いながらも工夫して広さをなんとか出したいという場合に、現在選択する方が多くなっているのが、三階建ての狭小住宅です。
土地の形状が通常の形とは違っていても、また平方メートル数が少なくても、上に階数をあげていくことで部屋数を増やし、快適に暮らすことができるように設計すれば、狭小でも個性が豊かで魅力的な住宅建築をすることが可能になるのです。都市部でも狭くて形が変形の土地なら比較的安く手に入ります。工夫次第で暮らしやすく、家族が納得できる住宅を建てる狭小住宅にはどのようなものがあるのでしょうか。

狭くても収納のある住宅ができる


家族の人数が多い状態で住宅を建設するとなれば、それなりの土地の広さが必要です。しかし広い土地を購入すれば土地の値段も高くなりますし、自分が家を建てたいと思う地域に、そうした広さの土地が見つからないこともあります。周囲に住宅や店舗があり、その狭間となっている土地などは、住宅を建てるためにはそぐわない形でしたり、狭くて家を建てるには広さが足りないと感じる土地もあります。こうした土地は相場よりもかなり安く手に入る可能性があるので、こうした土地を利用し設計を工夫することで、人数が多いご家庭でも、快適な住宅を作ることが可能です。
狭小の土地に住宅を建設する場合、三階建てなどを考えれば部屋を確保できますし、車を駐車するスペースも1階に設けるなど、工夫次第で暮らしやすい住宅にできます。家族の人数が多くなれば物も多くなるので、収納も欲しくなってきますが、半地下を作れば荷物を置いたり、そこを趣味の部屋として活用することも可能です。また、駐車スペースの上を上手く利用して、そこに防災グッズを保管しておいたり、食べ物などの備蓄倉庫に利用してもいいでしょう。
狭小でもたくさんの荷物を収納できる収納建具等も、現代は工夫されたものが多数作られているので、こうした建具などを利用すれば、部屋が荷物でいっぱいになるということもありません。どんなふうに作るか、設計段階で狭小だったり形が変形したりしている土地をうまく活用すれば、理想的で個性豊かな住宅を建てることも可能なのです。
特に子どもたちが楽しめる狭小住宅を作っていくためには、こうした建物の建築実績の高い業者さんに依頼すると安心でしょう。

工夫と楽しさいっぱいの三階建て住宅


三階建てで狭小の住宅を建設する場合、収納に工夫を凝らせばたくさんの物を合理的に収納できます。例えば本が好きでかなり多くの本を所有しているという場合、狭い住宅で書棚を作るのはスペースが無駄になります。しかし、可動式にして吊本棚にすれば、カウンターの上に装備するなど、床置きよりもずっと広さを保てますし、掃除も楽です。
お子さんが多いと洋服を入れるスペースも欲しくなりますが、衣装ケースをそのまま入れることができるクローゼットはおすすめです。ポールをつけて洋服をたくさん掛けられるようにし、その下の空間に衣装ケースを入れるなどすれば、空間をうまく利用した大容量のクローゼットになります。
家族の人数が多いと必然的に食器類なども多くなりますが、ダイニングキッチンの下部分に埋込収納する建具などを利用し、収納部分をダイニングキッチンの下に集約してしまうことで、食器類やなべなどが多くてもしっかり収納ができ、見た目にもスッキリ、おしゃれなキッチンになります。トイレもタンク裏がデッドスペースとなっている住宅が多いものですが、ここに、建築する際キャビネットを作り、トイレットペーパーや掃除用具などを収納できるようにすれば、掃除用具がいつも見えない状態でスッキリしますし、見せない収納となりトイレの中もおしゃれに演出できます。
場所ごとに何を置くか考えて、そのスペース以外に置かないように収納場所を工夫して建築すれば、狭くてもごちゃごちゃしない空間ができ、家族ものびのび暮らしていけます。こうした建具、作りを考えて3階建ての狭小住宅を建てれば、他の住宅にはない工夫と楽しさがある素敵な住宅になるでしょう。

次の記事へ

MENU