自由設計と注文住宅の違いやメリットとは?

北辰工務店 > 北辰工務店のコラム > 自由設計と注文住宅の違いやメリットとは?

自由設計と注文住宅の違いやメリットとは?


自由設計と注文住宅の違いとは?


床の高級感と梁表しが絶妙のバランスです!

自由設計と注文住宅は似ているように思えますが、実はかなりの違いがあります。
自由設計とは、建売住宅と注文住宅の間のポジションであると言えます。

自由設計の場合は間取りは変更可能なのですが、設備の仕様は建築会社指定になります。
したがって、バスやキッチンなどの仕様は建築会社の判断に委ねられることになるので、自分で好きなタイプのキッチンやバスにすることができないということです。
建売住宅のような感じになりますが、それだけに値段は安めに設定されていることが多いです。


一方で注文住宅の場合は顧客の希望の仕様や間取りを決定してから建築の申請を役所に行うので、自分の希望通りの住宅を作ることができます。
キッチンやバスの仕様も自由にできるので、理想のライフスタイルを送ることができます。
ただ、その分こだわりがあればあるほど費用は高くなります。


自由設計の場合は間取りは自由にすることができますが、金額的には建売住宅とあまり変わらないことが多いです。
通常であれば間取りを自由にすると費用はその分高くなりますが、自由設定だとそのようなことがないのがメリットです。

確かにキッチンやバスなどまで自由に決めることはできませんが、間取りを自由に決めることができるのは大きな魅力です。
間取りだけ自由に決めることができればそれでいいという場合であれば、注文住宅よりもむしろ自由設計の方が負担が小さくて済みます。

自由設計で住宅を建てるときには、契約前に建築会社の完成物件を見に行き、実際の仕様はどのようになっているのかを確認してください。
仕様は選ぶことができないので、想像以上に満足がいかないとトラブルになるからです。




WEB限定1100万円からの自由設計






自由設計や注文住宅の違いを理解して契約しよう


祖父母世帯のリビングダイニング
自由設計はフリープランとも表現されることがあるので、一般の注文住宅と同様に自分で一から全て決めることができると勘違いしやすいです。
しかし、注文住宅とははっきりと違うことを理解して契約しないと後になってトラブルになります

自由設計とはいわば条件付きの土地の売買契約を結ぶことです。
普通の建売住宅の場合は土地と住宅をワンセットで購入しますが、条件付きの土地の売買であれば売り主や売り主が指定する業者と契約を結ぶことを条件として土地の購入をします。

つまり、すでに取引や話し合いを行う建築業者が決まっているということです。
自分で選ぶことができないので、好みの建築業者に家を建ててもらうことができません。


ただし、だからといって決してネガティブな結果になるというわけではありません。
要は信頼のおける建築業者と契約さえすれば、低予算で家を建てることができるので、建築業者選びをしっかりとすれば問題ないわけです。

確かに自由設計なので建築業者指定のキッチンやバスになっていますが、その中でもできるだけ要望に応えてくれたり、耐震やシロアリ対策もしっかりとやってくれるような業者であれば安心して依頼できます。


家を建てるからには、できるだけ自分の希望通りの家を建ててもらえるかどうかが大事です。
その上で技術的にも信頼できる業者であれば、安心して依頼できます。
契約してからのキャンセルは基本的にはできないので、契約する前にその業者の提案内容をしっかりと吟味することが重要です。

不安な点やわからない点があったら、事前に担当者に相談して確認しましょう。
そのときにきちんと相談に乗ってくれるような業者であれば安心して依頼もできます。





WEB限定1100万円からの自由設計






自由設計と注文住宅の違いがわからないときは事前に相談しよう


階段を昇りながら見える空間!
自由設計はフリープランと表現されることがあるために、どうしても注文住宅と間違われることがあります。
したがって、契約するまで注文住宅と同様に何でも自分の好きに決めることができると思いがちです。

フリープランと注文住宅は似て非なるものなので、必ず違いについては理解してから契約しましょう。
また、もしも違いがよくわからないのであれば、担当者に確認してしっかりと理解し、納得してから契約しましょう。


理解を深めるためには自由設計の家を実際に見てみることです。
家が完成したときのイメージをしっかりと持てば契約する不安も無くなります。

建築業者を探すときにはホームページを見て、その業者の見学会やモデルルームがあれば実際に行ってみるといいでしょう。
実際に家を見ることによって、自分の中ではっきりとしたイメージを持つことができます。
基本的に見学会は無料で行くことができるので、このようなチャンスをきちんと活用すれば完成後のトラブルを無くすことができます。


写真や図面だけでは広そうに見える家も、実際に出来上がったものを見てみると意外と狭いこともあります。
机上の空論で契約するのではなく、まずは実際に自分の目で確認してから契約しましょう
見学会のときの担当者の対応も含めて、その業者と契約するかどうかを決めましょう。





WEB限定1100万円からの自由設計


次の記事へ

MENU