高さを活かした三階建て住宅で平均以上に幸せな暮らしに

北辰工務店 > 北辰工務店のコラム > 高さを活かした三階建て住宅で平均以上に幸せな暮らしに

高さを活かした三階建て住宅で平均以上に幸せな暮らしに

機能的な三階建て


新居を新しく建てるとき、階数の設定は数ある悩みどころの一つです。平屋にするか二階建てにするかで悩む場合が多いでしょうが、近年では三階建てという選択肢もあります。広い床面積を確保できる機能性から、あまり広さに余裕が無い土地に住宅を建てるのに適している構造です。
また、単純に床面積が広くなって便利というだけではなく、いろいろな機能性が付加されることも見逃せません。もっとも分かりやすい例が、車庫付きの住宅にできることではないでしょうか。土地が広ければなんの問題もなく作ることができますが、都心の限られた土地面積では、住宅の敷地に車を停めておくというのはかなり贅沢なことです。不便であっても、しかたなく、離れたところに駐車場を借りるというのが現実的な選択肢でしょう。ところが、三階建ての住宅を建てるのであれば、一階部分を車庫にすることができます。
それだけではありません。一階を車庫にした場合、半地下に大きな収納スペースを設けたり、車庫の上部に倉庫を作りつけたりすることも可能となってきます。このスペースには、日常的にはあまり使わないけれども、家に置いておきたいものをしまっておくことができます。例えば、非常用の防災グッズや備蓄食料、水などに最適でしょう。
また、暮らし方を三分割して構成し直すことによって、家事動線などをより良いものに変えることもできるでしょう。例えば、駐車場と風呂を一階にして、洗濯機を二階に配置し、屋上バルコニーに洗濯干し場を作れば、洗濯を干すのに、一階から三階まで階段を上らなくてはならない、などということにはならなくなります。
他にも、外観が個性的になりユニークなデザインの家にできること、天井を高くしたり、高いところに窓を取り付けられるなど、平均的な住宅とは異なる、三階建てならではのさまざまな利点があります。

高さの平均は土地の区分次第


建築基準法などに基づく住宅の構造に関わる決まりは、外観に関わるような主たる物だけを挙げたとしても多岐にわたります。例えば建物の大きさの上限は、その土地によって定められています。平均的な三階建て住宅の高さが同じくらいになるのは、この数々の規定のせいでしょう。建物用地として使える割合を表す建ぺい率と、建物の延べ床面積を表す容積率の二つです。それぞれ施設や設備の内容などによって条件の緩和や、その部分の免除が行われる場合もあります。
他にもその土地の都市計画法による区分によって変わりますが、工業専用地域、商業地域などの特定の区分であったり、条例によって除外されていなければ日影規制が存在します。第一種住居地域などの多くの土地において建物の高さが10メートルを超過すると適応対象になるため、三階建てなどの通常よりも背が高い建物は平均して10メートルを超えないように設計される場合が多くなっています。ただし第一種、第二種低層住居専用地域だと三階建てがそもそも日影規制の対象になってしまうため、注意が必要です。
また斜線制限もあります。特定の条件で建物の近くから斜線を設定し、建物はその斜線をまたぐほど高くしてはいけないという制限です。例として近くに通っている道路の明るさなどを保つための道路斜線制限や、隣地の日照保護を目的とした北側斜線制限、隣地斜線制限が挙げられます。道路斜線制限ではその道路における、建物付近と反対側にある端から斜線を設定します。北側斜線制限、隣地斜線制限では隣地境界線上の、土地ごとに設定された高さにある場所が始点です。これらの斜線制限は、場合によっては条件が緩和されることもあるので、住宅を建てる際に条件を確認してみることをおすすめします。他にも耐力壁の使用など幾つか制限はありますが、どれも三階建ての住宅を建てるには必要な配慮です。以上のような条件を確実にクリアするためには、三階建て住宅を得意とする工務店に依頼するのが、間違いないでしょう。

理想の三階建てを良い工務店で実現しよう


三階建て住宅というのは、平均的な一戸建て住宅と比べて、まだまだ一般的とは言えない形態のものです。ということは、工務店によって、三階建て住宅の建設を手掛けた経験に差があるということになります。不慣れな工務店を避け、経験を積んだ工務店に頼めば、十分に満足のいく仕上がりになるものです。三階建てのメリットを最大限に活かすためにも、工務店の吟味に力を入れましょう。
さらに、そのような経験ある工務店の中には、三階建て住宅のモデルハウスを展示しているところもあるので、まずは見学に行き、その良さ、特徴、工務店がどんなことを得意としているかを研究してみるようにしましょう。敷地面積、床面積、坪単価なども具体的に実感できることでしょう。図面や写真からではわからない、生活の様子をつかめば、自分の未来の生活をデザインする助けになるでしょうし、新しい家での夢が広がっていきます。
その上で、工務店の担当者と打ち合わせをして、自分の希望を伝え、それにどのように応えてもらえそうかという感触を得ることが、三階建ての家づくりの第一歩となります。

次の記事へ

MENU