1000万で平屋の家を

トップページ > コラム > 1000万で平屋の家を

1000万で平屋の家を



理想のマイホームと現実のリミテーション


HK_002極小

理想のマイホームは、あらゆる人が抱く夢です
「こんな家に住みたいなあ」というイメージを、漠然とでも抱かない人はいないでしょう。
あるいは夢想のおもむくままに、予算を気にせず、土地の広さも周囲の状況も斟酌せず、思うがままに設計建築できたとしたらどんなに素晴らしいすまいとなることか、一度は考えてみた人もいるでしょう。


でも、そんなことは到底不可能です。
誰しもさまざまな制約や条件のもと日々の生活を送っており、マイホーム建設というビッグバジェットの前では、そうしたリミテーションはことさら高い壁となって立ちふさがってきます。

たとえば、法令的な制約もありますし、マナーや常識の範疇において気を配らなければならない事由もあります。
予算や土地に関しては、おのずと具体的な条件が決定され、新たに土地を購入するのか、今ある土地を活用して新築するのか、現在の住居をリフォームするのか、近所との兼ね合いをどうするか、家族の形態は、予算の上限はなどといった、現実的な問題をクリアしていかなければなりません。


では、諸条件をふまえ、理想はともかく、現実としてマイホーム建設に取りかかるとき、どこから始めるべきでしょうか。
検討科目をあげれば切りがないものの、ひとまず予算、コストの問題を考える必要があります
地域にたくさんの工務店がある中、質のよい、良心的な工務店の選択は、比喩的にも言葉どおりの意味でも、大切な家づくりの土台です。
まずは、実現可能な予算に応じて、適当な工務店の商品をリサーチするところから始めてみましょう







1000万でマイホームを建てるには


すっきり収納

工務店にもいろいろありますが、大手メーカーは、何段階にもわたって下請けの作業が設けられているため、必ず中間マージンが発生します

一方、家づくりのプロセスをすべて自社が手がける工務店なら、中間マージンはかかりません。
この中間マージンの仕組みは、住宅販売価格に直接反映されており、コストカットを考えるとき、重要な判断材料の一つになります


住宅販売価格には、相当の運搬費用が含まれています。
木材などの素材の調達や加工を自社で行う工務店は、運搬費用を大幅に削減し、品質においても価格においても、十分な信用を獲得しています。

さらに、自社開発の施工技術を有していれば、フランチャイズ工務店に発生する技術使用料も不要です。
こうした工務店で家づくりを行う場合、具体的な予算を1000万という価格で提示することができます。


1000万という価格は、普通に考えると大きな金額です。
しかし、マイホームを建設しようとするなら、決して法外に高いものではありません。

むしろ、新築住宅にかかる費用が、総額2000万を下らないといわれている昨今、1000万は非常にリーズナブルな価格です。
前述のような工務店は、顧客へのコストカットを図るため、豪華なカタログなど制作せず、無駄な費用の発生を回避しています。

必要以上の販促物は、住宅販売価格に影響するからです。
また、責任の所在がはっきりしていることから、作業の過程で万が一トラブルが起こった際、問題が膠着しないというメリットもあります。

直営責任一貫施工体制の整っている工務店であれば、トラブルを抑え、1000万という一般的に実現可能な予算範囲内で、理想のマイホームに近づくことができます







平屋の魅力


畳リビング

さて、ふさわしい工務店を選び、具体的な設計に取りかかることができたとします。
設計デザインは、家づくりにおいて何より大切な作業です

外観、間取り、採光、水まわりなど、細部までじっくり吟味して進めたいものです。
思い描く理想のマイホームに近づけつつ、使いやすく、機能的なものにできれば申し分ありません。

もちろん、家族の形態やライフスタイルによって、希望の間取りは違ってくるでしょうが、終のすみかとしての家を考えるとき、親や子供たちのこと、自分たちが年をとった場合のこと、人生を長く過ごす場所であることについて、思いめぐらす必要があります。
使いやすく、機能的な家は、長く生活する場所として心地よいものだからです。


近年は、平屋の人気も上昇しています。
高齢の方や、階段の上り下りが困難な方にとってばかりでなく、若い家族にも、生活しやすい住居として平屋が注目されています。
平屋のフラットな空間は、移動が楽で、家事の負担を減らし、転倒などの危険を防いでくれます。
また、2階以上の荷重がないことで、かえって間取りの設計を自由に考えることができます。
コストをより抑えることも可能となり、1000万という価格が現実味を帯びてきます。


若者には、おしゃれなフラットハウススタイルが人気を集め、家族の人数に合わせて空間を調節できるところも魅力となっています。

中には、一見平屋ふうの建物でありながら、入ってみると階段を構えた住宅などもあります。
ワンフロアにさまざまなアイデアを詰め込んで、魅力的な空間をつくりあげるのも一興です。






次の記事へ

MENU