1000万円台でも納得ができる木造住宅を

トップページ > コラム > 1000万円台でも納得ができる木造住宅を

1000万円台でも納得ができる木造住宅を

コストを抑えマイホームを持つ


木造住宅を建てたいというのは、日本人が持つひとつの想いといえるでしょう。実現させるためには、かなりの費用がかかるというのが一般的です。どうしても手間がかかりますし、部材の費用も掛かります。だからこそ、さまざまな方法を考えていくわけですが、現在ではローコスト住宅ということで1000万円台でも家を建てることができるようにもなってきました。少し前までは信じられないといわれていたことも、技術の進化とともに大きく変わってきたといえるでしょう。
1000万円台で建てられるということは、さまざまな問題があるのではないかと考えてしまうはずです。これまでの常識を考えれば当然ですが、そんな心配をする必要はありません。耐震性や品質が下がってしまうのではないかと考えるのが一般的でしょう。たしかに安くなれば、品質が下がり耐震性が劣るのではないかと考えてしまうものです。ですが、現実的にはこれができるようになったからこそ、ローコストで実現できるようになってきているといえます。
プランによってというところは大きく、建材などは質を維持しながらコストカットを行っているため、耐震性なども下がりません。もちろん、品質も維持できるため、心配などすることなくマイホームを手にすることができます。しっかりとしたプロが行えば、安くしても安心できる木造住宅を手にすることができるのですから、マイホームに近づいていくことができるでしょう。

坪単価ではわからないことが多い


1000万円台といっても、まずは考えなければいけないのが、坪単価という話になるでしょう。一般的な話として、坪単価から逆算をしていくことも出てくるはずです。しかし、これでは1000万円台の木造住宅は実現できるかどうかは怪しくなってしまいます。なぜかといえば、これは目安でしかないからです。これで、最終単価が計算できるというわけではなく、これに別途費用が必要になってしまうため、計算することができなくなります。参考程度に考えることはできますが、ローコストということで考えれば、厳しい判断しかできなくなってしまうでしょう。
プランとしての参考があれば、いったいどんなことができるのかも見えてくるようになります。それも自由設計で行ったのか、建て売り的に行われたプランなのかによっても違いが出てきますので、細かい点にも注意しなければいけません。なぜかといえば、土地の形状も一定ではなく、さまざまな条件が加わっていきます。そういった条件のなかで、いったいどの単価になったのかを見るためです。できるだけ抑えていくのであれば、フラットな土地を選ぶというのも必要となるでしょう。凸凹していたり、台形になっていたりすれば、どうしても費用が必要になってしまいます。
プランで考えていくと、付帯工事がいったいどれぐらいなのかも記載されていることでしょう。そこから、いったい予算はいくらになるのか、自分たちでも予測がついてくるでしょう。一歩進めるだけで多くのことが見えてくるようになりますので、展示場へ行ってみたりするのもいいでしょう。

シンプルでも十分納得がいく建材を


1000万円台を実現するためには、まずは無駄を省いてシンプルにするということから始めます。構造が細かくなればなるほど、費用がかかるようになるからです。床面積を少なくしたとしても、これではうまくいかなくなってしまいます。バランスも大切で、間取りをうまく考えていくことが、成功を引き出すポイントになっていくのは間違いありません。その点で木造住宅は向いている建て方であることも確かです。
使われる建材のグレードも重要ですが、標準仕様のグレードであれば、そこまで安っぽいようなものはありません。もちろん、最高級グレードは使えないとしても、十分な質感を持ったものにすることができます。昔のような安かろう悪かろうといったことは、現代では通用しない問題だからです。木造住宅の注文住宅に使っても、問題のないものとなってきます。
コンパクトにまとめるということが重要ではありますが、広く見せられるような構造を考えることが必要でしょう。設計の技術の見せ所ですが、これまでの実績を見ていくだけでも、どんな家ができあがるのかが想像できるのではないでしょうか。参考にできるようなことは山ほどありますので、展示場などで質問してみるのもひとつの方法といえます。来場予約をしておけば、ゆっくりと見て回ることができますし、実際の体感もできるようになるでしょう。
座ったときの目線や広さといった、生活空間としても間取りを感じることができれば、木造住宅で1000万円台ということが、無茶な相談ではないということも見えてくるはずです。マイホームというものは、お金をかければいいというわけではありません。実績を持ち信頼できるところと一緒に建てていくことが一番です。

次の記事へ

MENU