1000万円台などの予算の家づくりと、固定資産税などの問題

トップページ > コラム > 1000万円台などの予算の家づくりと、固定資産税などの問題

1000万円台などの予算の家づくりと、固定資産税などの問題

マイホームの購入に憧れを抱いている方のために


世の中には、自分の家を購入することを夢としている人も多く見受けられます。そのように、夢や憧れとしてマイホームの購入を思い描くことは簡単ですが、いざ実現するとなると、固定資産税による負担など、目の前に立ちはだかってくる問題はいろいろとあります。中でも、家を買いたいという気持ちはあるものの、費用のことが気に掛かって実際のアクションが起こせないでいるという人は数多く存在します。
そのように、1000万台などと限られた予算の範囲内で、理想的なマイホームを手に入れるためには、業者の選定方法もチェックポイントになります。住宅の建築施工を手掛ける業者の中でも、コストパフォーマンスに優れたところを選び、利用することが大切です。
例えば、作業を下請け会社に発注する場合は、中間マージンが発生します。特に、発注する下請け会社の数が多い場合には、発生する中間マージンもそれだけ高額なものとなります。そのようにして、高額なマージンが発生すると、販売される住宅の価格もそれだけ高く設定される傾向にあります。こうした問題を解決するには、自社内でオールインワンの作業を行なっている会社を利用するのもおすすめの方法です。
また、住宅建築の材料となる木材は、運搬するための費用がかかります。こちらも、住宅販売価格に影響を及ぼす条件となるので、住まいの購入に先立って気を配りたいところです。例えば、全国的にビジネス展開している会社は、幅広いシーンで活用することができますが、その反面、資材を長距離輸送する必要があるため、運搬費用が高額になりがちです。そのような問題が気にかかる場合は、地域密着型のサービスを提供している業者を利用するのも良いでしょう。

定められた予算の範囲内で住まいを購入するための方法をご紹介


1000万台などの決まった予算で家を建てる場合、負担することになる固定資産税など、さまざまな条件に気を配る必要があります。住宅の建築施工を依頼する会社の選び方も、その一つです。例えば、自社内で高度な技術を開発し、採用している会社は、コストパフォーマンスの面でも優れています。このような業者の場合、メーカーによる技術の提供を受けないために、技術使用料を負担しなくて済みます。そのようにして浮いた分のコストは、住宅販売価格を安く設定するために役立ちます。
また、住宅建築会社の経営状態を圧迫し、ひいては販売価格の高騰につながる問題の一つとして、広告・宣伝に掛かる費用の負担が挙げられます。派手なマーケティング戦略は、人々の興味・関心を惹きつけ、知名度を向上させるために役立ちますが、その分だけコストがかさみ、住宅の販売価格も高くなる傾向にあります。こちらの問題を解決するには、カタログなどの販促物に、必要な情報のみを掲載し、過剰な宣伝広告を控えている業者を利用するのも良いでしょう。

設計の段階から住まいづくりをスタートする場合のチェックポイントなど


これから、1000万円台などの決まった予算で家を建て、新生活をスタートするためには、固定資産税による負担など、さまざまな条件がチェックポイントになります。また、設計の段階から家づくりを始める場合には、外観や間取り、採光など、いろいろな条件に気を配る必要があります。
住まいを設計する場合、理想とするイメージは、人それぞれに違いがありますが、快適性・利便性の高いデザインをほどこすに越したことはありません。住宅の設計デザインにあたっては、家族構成やライフスタイルについて、現在の状況を考えるのはもちろんのこと、中長期的な視野を持ってビジョンを描くことも大切になります。家は、人生の中で長い時間を過ごす場所であるからこそ、衝動的な感情にとらわれることなく、間違いのない判断をしたいところです。
住宅にもさまざまな構造のものがありますが、昨今では、平屋にも人気が集まって来ています。こちらは、階段の上り下りをしなくて済むので、高齢者や、身体の不自由な人にかかる負担が軽いというアドバンテージがあります。また、その他の人たちの間でも、平屋は、暮らしやすいと人気を呼んでいます。こちらのフラットな空間は、住居内の移動や家事に掛かるエネルギー・時間の負担が軽くて済むほか、階段の上り下りをする際に転倒するリスクなどもありません。また、2階以上のフロアがない分だけ、負担することになるコストを低く抑えることが可能となります。
平屋の中でも、お洒落な雰囲気を醸し出している物件は、若年層の人たちの間で人気を呼んでいます。また、階が分かれていないために、ワンフロアの中で、家族の人数に合わせて間取りを自由に設計することができるのも平屋の魅力と言えます。その他に、エクステリアの印象からは平屋に見えるものの、中に入ってみると、階段が設置されている物件なども存在します。

次の記事へ

MENU