1000万台など、決まった予算で家を新築する場合は

北辰工務店 > 北辰工務店のコラム > 1000万台など、決まった予算で家を新築する場合は

1000万台など、決まった予算で家を新築する場合は

決まった予算の範囲内で住まいを購入しようと考えている方へ


新築の家を購入するにあたって、1000万円台などと予算が決まっている場合には、その範囲内に収まる金額で建築作業を請け負ってくれる会社を選ぶ必要があります。そして、同じ費用を負担するのであれば、少しでもクオリティの高いサービスを提供してもらいたいというのが人情でしょう。そのように、コストパフォーマンスに優れた業者を選定するためには、然るべきポイントを押さえた上で実際のアクションを起こすことが大切です。
例えば、作業を下請けの会社に発注する場合、中間マージンが発生するため、費用が割高になる傾向があります。こちらの問題を解決するためには、自社内で全ての作業を行なっている会社を利用するのも良いでしょう。そのような業者であれば、浮いた分のコストを、住宅販売価格の低減という形で消費者に還元することができます。また、ワンストップサービスの場合、自社内で一貫した作業を行なうことから、責任の所在も明確なので、安心感を持って利用することができるというメリットもあります。
また、住宅の購入にかかる費用を節約するためには、地域性の高いサービスを提供している業者を選ぶのも一つの方法です。住宅の販売価格には、建築用資材を運搬するための費用も含まれています。当然のことながら、資材を運搬する距離が長くなればなるほど、かかるコストも高額になります。そのような状況の中で、地域密着型の経営を行なっている会社は、長距離輸送の必要がない分だけ、コストを削減し、販売価格の低減を実現することができます。また、サービスの対象となる地域を限定している場合、トラック1台あたりの稼働効率が良くなるというメリットもあります。例えば、1日に往復できる回数が多くなれば、それだけスムーズに、スピーディーに作業を行なうことが可能となります。

利用する業者を選定する上でのチェックポイント


1000万台など、決まった予算の範囲内で新築の家の建築施工を依頼する場合、利用する業者の選び方にも気を配ることが大切です。例えば、大量の材料を仕入れ、加工しているところは、多くのコストを節約し、住宅販売価格を低減することができます。また、材料の加工を自社内で行なっているところを選ぶことで、さらなるコスト削減と、販売価格の低減が可能です。
また、住宅を建築するにあたって、メーカーによる技術提供を受ける場合、そのための費用が発生するという問題があります。その一方で、自社内で開発した技術を採用している場合、メーカーの技術使用料が掛からない分だけ、コストを削減し、リーズナブルな価格で住宅を販売することが可能になります。中でも、構造部材システムや耐力壁、金物、左官壁など、さまざまな分野で賞を受けた実績のある技術を採用している業者は、安心感を持って利用することができます。

コストパフォーマンスの良い業者の選び方


これから1000万台などの決まった予算で家を新築する場合、経費削減による販売価格の低減を実現している業者を利用すると、コストパフォーマンスが良くなります。例えば、建築作業へ取り掛かるのに先立って、精度の高い構造計算を行なっているところは、利用価値が高いと言えます。このような業者の場合、高精度の構造計算によって、オーバースペックとなる可能性が低く、安全性の高い建築資材を選定することが可能になります。また、適材適所を実現するため、繰り返し実験を行なっている業者は、さらに安心して利用することができます。例えば、耐力壁を配置するに際しては、構造計算を行なわなくても、建築基準法で定められた基準を満たしていれば、施工の許可を得ることは可能です。しかしながら、構造計算を行なうと、同じ量の部材であっても、どの方向から加わる振動にも高い強度を発揮することができるよう、バランスよく配置することが可能となります。
また、住宅を販売提供する会社の中でも、立派で豪華なカタログを発行するなど、派手な販促活動を行なっているところは、消費者の目や耳に触れる機会も多く、知名度が高くなる傾向にあります。とは言うものの、そのような宣伝広告を行なうためには、それなりの費用が掛かり、ひいては住宅の販売価格が高くなりがちであることも否めない事実です。そうした問題を解決するためには、過剰な販促物の提供を控え、浮いた分のコストを家づくりのために使用して、顧客満足度の向上を図っている業者を利用するのもおすすめの方法です。
住まいの購入にあたって、負担することになる費用は気にかかるポイントの一つです。人それぞれに抱えている事情は異なり、予算も変わってくることとなります。そのように、予算が限られている状況の中でも、先述のようにコストパフォーマンスに優れた業者を選定することで、理想の住まいづくりを実現できる可能性が高くなります。

次の記事へ

MENU