一流の家づくり

 一流の地域密着

徹底した地域密着主義

ポラスグループはこの言葉を掲げて46年走り続けてきました。
埼玉県を中心に千葉県・東京都・茨城県の一部に施工エリアを限定し、地域密着で事業を展開しているにはワケがあります。

先代の社長が住宅業界に進出するにあたり、地域密着主義を貫く決意を固めていました。地域密着主義とはどういうものかというと、営業拠点から車で1時間以内に行けるかどうかを確認し、1時間以上を要する場合にはお断りする、といった姿勢です。
そんなことにこだわらず、どこからでも仕事を受けるようにすればもっと業績が伸びるのではないかと考えるのが一般的ですが、先代の社長によればそれは素人の考え方なのだといいます。アフターサービスが欠かせない住宅業界は、もともと営業圏の急速な拡大が難しい業種です。しかし実際には、地域密着主義なんかどこ吹く風とばかりに、営業圏の拡大に躍起となっている業者も少なくないのが現状なのです。

それにしても、車で1時間以内に行ける範囲というのは、あまりにもマーケットを絞りすぎているのではないかと思うかもしれません。

しかしポラスはこれで良いのです。狭い営業圏であればあるほど、その分アフターサービスが充実し、地域密着による「顧客第一主義に徹する」ことが出来る。それが住宅業界にとっては、もっとも重要なことだと考えるからです。

徹底した地域密着主義

地域密着だからできる
アフターサービス

ポラスグループでは、お客様の大事な財産であるお住まいをお守りするために、建物のスペックにあわせて様々なアフターサービスを展開しています。
全ての新築戸建住宅に対して、10年ごとの保証延長制度を採用しています。ポラスの保証延長制度を通じてお客様がいつまでも快適に安心してお住まい頂けるよう、建物を適正に診断、評価し、最適な修繕工事をご提案するアフターサービスに力を入れ、安心・安全な住まいづくりをおこなっています。

地域を知り尽くした住環境情報

風通しの良い街・住宅にするためには、その周辺の地形やどこから風が吹いているのか、など多くのことを把握することが重要です。ポラスグループのシンクタンクであるポラス暮し科学研究所では、一般的に用いられているアメダス気象データに加え、市町村単位で測定しているデータも独自に入手し分析しています。それぞれの土地独自の風の流れのシミュレーションを行い、住宅配置や設計に活かしています。

5万件を超える地盤データ

いかに耐震性の優れた躯体であっても、地盤状況を知らなければ長期にわたって安全、安心をお約束する住まいは実現出来ません。
地盤は一歩違えばまったく違う地盤が堆積していることもあり、非常に複雑でさまざまなケースが存在します。

ポラスでは限定した地域で経営しているからこそ、地域に特化した地盤データを蓄積することが出来ており、そのデータ量は、狭い商圏内にも関わらず既に5万件を超えています。

5万件を超える地盤データ

住んでいる街を愛するからこそ

地域とともに成長してきたからこそ、地元に恩返ししたい。
その思いからポラスは、埼玉県越谷市の夏の一大イベント「南越谷阿波踊り」を支援しています。また夏休みには親子工作教室を社員大工の指導で行うなど、さまざまな社会貢献活動を実施しています。環境に配慮した企業活動を通じ、生き生きした街と未来づくりを進めています。

住んでいる街を愛するからこそ 住んでいる街を愛するからこそ 住んでいる街を愛するからこそ 住んでいる街を愛するからこそ

資料請求はこちら

資料請求はこちら

MENU