北辰工務店の家づくり

大工を育成する

一流の家は、一流の大工がつくる

料理をおいしく作るうえで重要なことは「良い食材をキチンとしたレシピで腕の良いシェフが真心を込めて作る」ことです。
この、どれが足りなくても一流のおいしい料理は出来ません。料理を住宅に置き換えてみると、腕の良いシェフとは腕の良い施工者、つまり大工・職人を指します。

大工さんやその他の職人さんの技術力が低いと、せっかく北辰工務店がこだわっている良い材料も台無しになってしまいます。北辰工務店では、そこを徹底的にこだわり、お客様に上質な注文住宅をご提供しています。

形にする技術

人づくりからはじめる家づくり
ポラス建築技術訓練校

今から約30年前に、ポラス創業者はそう遠くない未来に大工不足・職人不足が必ず起きると予測し、社内で大工を育成する学校「ポラス中央建築職業訓練校」を開校しました。

熟練した技術を持つ大工さんたちも、「国土交通大臣顕彰」として国から表彰されるまでになりました。2014年にはこの訓練校が大工育成のシステムとしてグッドデザイン賞を受賞しました。

顕彰大工受賞歴

2009 永井 三知男
2010 佐藤 光男
2011 斎藤 竹男
2012 橋 正弘
2013 佐々木 幸治

2013 佐々木 幸治2016 佐々木 強
2017 関 俊章
2018 縄本 潮
2019 今井 洋平
2020 西條 正宏

2019 今井 洋平
2020 西條 正宏

大工さんと作る楽しみ

北辰工務店が大事にするのは、
人と人とのつながり

内部の評価だけでなく、公的機関からも評価をいただいた北辰工務店の大工さんたちの施工技術への信頼があるからこそ、お客様の要望に合った自由度の高い間取りを、自信を持ってご提案出来るのです。

北辰工務店の大工さんたちが口をそろえて言うのは「お客様は遠慮せずどんどん現場に来てもらいたい。どんな家にしたいのか、どんな暮らしがしたいのか、たくさん話がしたい。」ということです。
その言葉こそ、人がつながることで実現する北辰工務店の家づくりです。

素材

施工

耐震

アフター
メンテナンス

本当はもっともっとあるのですが、
お打ち合わせにて
ご紹介できればと思います。

MENU